(★ご覧になりたい画像をクリック。画像にポイントして←・→で操作。一覧に戻る時は画面下の×印をクリック。)

金銅菩薩立像 白鳳時代

おすすめ商品

¥ 2,600,000 税込

商品コード: nb058

関連カテゴリ

  1. 日本美術
  1. 日本美術
  2. 仏像

上半身裸で、裳を短めに着けて両手首をみせ、両足をそろえて蓮華座上にお立ちになっています。

右手はやや屈して、掌は何かを掴むような形をとり、左手は殆ど直角に屈して、掌を上に向けています。

頭や手足が少し大きめで、両脚の短い童児形の体軀につくられています。

この寸のつまった童児形の像は、白鳳時代の小金銅仏にとくに好まれた表現形式であったらしく、この時期の多くの像が造形のどこかに、童児形要素を兼ね備えています。

それらはいかにも可愛らしく、初々しい童子の姿に表されています。

この像も、額の広い少し大きめの童顔をされています。

上眼がかぶり気味の目鼻立ちも、童貌と云ってよく、また衣文も簡潔な構成になっています。

眉間には白毫(びゃくごう)がございます。

髻(もとどり)は単髻(たんけい)です。

頭上には三面頭飾を付けられています。

正面頭飾では、旋頭文その他の要素が半パルメット風に左右それぞれにまとめられています。

この意匠は水瓶を象徴したとも考えられています。

後頭部には頭光の為の枘(ほぞ)跡がございます。

頭飾、胸飾、瓔珞(ようらく)に見られる連珠文は魚々子鏨(ななこたがね)を打ったもので、天衣や裳の縁、蓮肉および蓮弁の縁に沿って、精緻に施文されています。

台座部分と反花(かえりばな)の蓮肉周囲の蓮弁は、子葉の扁平な複弁蓮華文です。

この特徴ある形式は、法隆寺軒丸瓦の複弁蓮華文と共通するものと思われます。

鋳造は蓮肉内部にのみ空洞があり、像身はムクです。

鬆(す)の少ない良好な鋳上りをみせています。

全体的に気品と風格を感じさせる名品です。

これだけのお品は二度と出ないと思いますのでこの機会をお見逃しなく。

このお品は、某芸術大学教授の収集品でありましたが、ご親族のご依頼により、出品させて頂いております。

作品サイズ・全高38.5㎝ 最大幅13㎝ 重量7㎏  銅造鍍金 箱あり


数量
金銅菩薩立像 白鳳時代 飛鳥仏 小金銅仏 仏教美術 法隆寺献納仏 四十八体仏 銅造鍍金仏 古美術 波兎 骨董

買い物かご (商品点数:0件)

(合計:¥ 0)

現在カート内に
商品はございません

ヤフオク!