(★ご覧になりたい画像をクリック。画像にポイントして←・→で操作。一覧に戻る時は画面下の×印をクリック。)

金銅菩薩立像 統一新羅時代

おすすめ商品

¥ 380,000 税込

商品コード: kg047

関連カテゴリ

  1. 朝鮮美術
  1. 朝鮮美術
  2. 仏像

【金銅菩薩立像 統一新羅時代】の名品です。

像容はすらりとして均整がとれておりで、手足が伸びやかに配されています。

少しだけ腰を捻じ、幾分腹部を前に出し、やわらかな衣を身にまとい、脚部が浮き出た着衣の表現は優美です。

時代の進歩を感じさせる仏像です。

お顔は孤を描く眉と切れ長の目が刻まれています。

端正で、慈悲に満ちた優しい表情をされています。

慈悲の優しさと理知的な雰囲気を併せ持ったお顔をされています。

宝髷(ほうけい)は単髻(たんけい)です。

首には二筋の三道(さんどう)が表わされています。

右腕を肩あたりまで上げ、水瓶の底部を握っています。

降ろした右手指はしぜんな形で優美です。

天衣(てんね)は、両肩から左右に分かれ垂下し腰部で上昇し、両腕に掛かり蓮肉部に触れたあと蓮華座の反花(かえりばな)まで垂下しています。

天衣が優美に曲線を描いて身体に纏わりつき、胴と腕との間にできる空間に立体的な存在感を与えています。

蓮華座は請花(うけばな)と複弁の反花からなり、最下部には透き間(すきま)を設けた八角形の框座(かまちざ)がございます。

像背には頭光を取り付けるための枘(ほぞ)が出ています。

その下部には楕円形と長円形のハバキの孔が開いています。

これは鋳造の際に中型と外型が動かないようにする為の、型持ちを設けた孔です。

ハバキの開口部を嵌金(はめがね)で塞ぐのを省略したものです。

像全面には鈍く光りを放つ鍍金も多く残っています。 

名品の香りが致します。この機会をお見逃しなく。

作品サイズ・高さ22㎝ 台座径7.5㎝ 重量・約0.9kg  銅造鍍金 箱あり

このお品は、某芸術大学教授の収集品でありましたが、ご親族のご依頼により、出品させて頂いております。


数量
金銅菩薩立像 統一新羅時代 小金銅仏 銅造鍍金佛 朝鮮韓半島 古美術 波兎 骨董

買い物かご (商品点数:0件)

(合計:¥ 0)

現在カート内に
商品はございません

ヤフオク!